おすすめ!薬用育毛剤をお探しの方へ

トップ > 薬用育毛剤の豆知識 > 薬用育毛剤とはどういうものかを知ろう

薬用育毛剤とはどういうものかを知ろう

髪の悩みを何とかしたいときや、将来、薄毛に悩まされないように、早いうちからスカルプケアをしておこうと考えたとき、育毛剤を使うことを考える人は多いでしょう。
ドラッグストアに行けば簡単に見つかりますが、ただの育毛剤と記されているものもあれば、薬用育毛剤と書かれているものもあり、どう違うのか迷ったという経験もあるのではないでしょうか。
値段も違うことがほとんどですので、せっかく使うなら薬用の方が効き目がありそうだという気になりますが、さらに混乱してしまうのが、医薬品として発毛剤なるものも販売されていることです。
こちらはさらに値段が高くなりますし、薬剤師から買う必要があることから、上には上があるとなると、ますますどれがいいのかわからなくなってきます。
その違いを理解するのに役立つのが、薬事法です。


薬事法は、薬に関するさまざまな決まりが定められている法律のことで、医薬品を販売するドラッグストアには、薬事法に基づき、薬剤師を置くことが義務付けられています。
そのため、わからない時は薬剤師に聞くのが、手っ取り早くていいでしょう。
とはいえ、自分で区別がつけられる知識を持っていると、納得して選ぶことができます。
薬事法による分類で重要になるのは、医薬品なのか医薬部外品なのかということです。
薄毛対策には育毛剤の他に、養毛剤や発毛剤と呼ばれるものもありますので、それぞれの違いを知っておくことが大事です。
育毛剤にはさらに、ただ育毛剤と書かれているだけのものもあれば、薬用育毛剤もありますので、さらに理解がややこしくなります。
これを薬事法分類に基づいて考えた場合、一言で言うと医薬品かそうでないかに尽きます。


そもそも医薬部外品とはどういう意味なのかというと、厚生労働省が認可している効果のある成分が使われているものの、予防を目的とした商品であり、病気を治す効果はないというものに対して使われる表示です。
そうなると、薬用育毛剤は、あくまでも抜け毛を予防するのに一定の効果は期待できるとしても、髪の毛がなくなった部分から発毛させるだけの力はないということになります。
その場合は、医薬品指定されている発毛剤を使うのがベストということになりますし、単なる育毛剤表記であれば、薬用成分はほとんどなく、化粧品程度という認識が正しいといえます。
自分にとって、髪の悩みを解決するために必要な育毛剤はどれなのかを知れば、薬用育毛剤でいいのか、それとも医薬品の発毛剤が必要なのかがわかってくるでしょう。

ページトップへ